2015年08月31日

市販薬を年1万円以上買うとの税軽減!

厚生労働省は、市販薬を年間1万円以上買うと税負担を軽くする制度を、
2016年度の税制改正要望に盛り込むという報道があった。

本当!?

軽い症状を自分で治すことを奨励?

嬉しいけれど、重い病気を見逃し、医療機関への早めの受診で助かる機会を
失い、重篤化の上死亡ということにならないか心配です。

内容は以下のようだ。

市販薬を年間1万円以上買うと、購入金額から1万円を引いた額を課税所得
から差し引くことができるというもの。

年間6万円分の市販薬を買えば、所得から5万円を差し引けることになる。
所得控除は最大10万円まで。

これまでの医療費控除似ていますが、別の制度となります。
posted by consul at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

高額療養費制度

最近、風邪以外では10年以上病院のお世話になったことが
ありませんでしたが、気になる症状があり、病院へ行きました。

以前といっても10年以上前、受診したことがある病床200床以上の
病院です。

診察券を保管していたので、それを持って窓口へ。
そこで、紹介状がないので4,320円必要です!といわれびっくり。
診察券があるのに、と食い下がりましたが、5年できれますとのこと。
納得できない気持ちでいっぱいですが、仕方がありません。

いくつかの検査が必要で、きっと高いなと思いつつ、その検査は
いらないですともいえないので、検査を受けました。

案の定、会計の時にびっくり!!!

薬局で薬をもらうとき、診療代が高かったと言ったら、70歳以上は
1割負担になりますと説明され、返す言葉がありませんでした。

病気は70歳になってから???

そこで思い出したのは、高額療養費制度です。
幸い、高額療養費のお世話になるほどかからなかったのですが、
医療費がかかり過ぎると心配な場合は、高額療養費制度を思い出して
下さい。

詳しくは、こちらです。

厚生労働省のホームページでも確認できます。
posted by consul at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

東芝が退職金制度の一部をDCに。

「東芝、確定拠出年金を10月導入 国内最大規模の9.5万人」という記事を
日本経済新聞電子版で見かけました。

東芝の退職金制度は、退職一時金4割、確定給付企業年金6割で、退職一時金の
半分を企業型DCにするということです。

今回の措置は、不適切会計の問題が発覚する以前から準備を進めていたそうです。

DCは、企業の追加負担が発生しない制度です。
DB(確定給付企業年金)では、運用の悪化による不足分は企業が負担します。
DCでは、運用は加入者である従業員が行うので、運用の良し悪しは、従業員
の自己責任となります。

DCの導入は、企業の財務状況の改善につながります。

posted by consul at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職金制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

厚生年金基金の解散手続きが進んでいます。

厚生年金基金の解散手続きが進んでいます。

厚生年金基金は、1年前の6月末で、531ありましたが、
今年の3月末で、今後の方針が決まっていない基金は、13です。

加入員や年金受給者には、基金からお知らせが届いていると
思います。

新聞報道などで、基金の現状は厳しいと分かっていても、
お知らせを見て、がく〜(落胆した顔)となっている方も多いでしょう。

どうしようもないと分かっていても、納得できない。

本当に、どうしようもないんです。
取り返せないですから。

国も、金融機関も、企業も無責任です。ちっ(怒った顔)

自分の老後生活資金の不足分は自分で作るということです。
現役世代は、確定拠出年金・個人型で。
年金受給者は、NISAで。

税制の優遇措置を、使いましょう。
posted by consul at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金基金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

本当に分かって書いているのか?・・・新聞報道について

本日の日本経済新聞の電子版で、
「第一生命、労組と連携 厚年基金解散の受け皿提案」と言う記事があった。

これは、まるで企業の広告塔だ。ちっ(怒った顔)

厚生年金基金の受け皿として、第一生命の確定給付企業年金を推奨している
ように取れる内容だ。

もう少し勉強し、このプランにおけるメリットとデメリットをキチンと書くべきだ。

個人的には、デメリットの方が大きいと思うのだが。。。
posted by consul at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする