2016年02月29日

介護保険の申請から2週間後に担当者が面会

介護保険については、全く知識がなかった。

今回、たまたま知り合いの介護保険の申請などをお手伝いして、
勉強中です。

介護保険を申請すると約2週間後に市町村の担当者が、聞き取り
調査にやってきます。

心身の状況などを、本人と家族に尋ねるためです。

これが行われないと、先に進みません。

主治医の意見書も必要になります。

この後、審査・判定そして認定の通知があります。
申請から30日以内に結果が知らせれます。

老老介護も多いと思いますが、そうすると申請手続きも面倒と
いうことがありますよね。

家族の助けは必要だし、友人・知人・ご近所を頼ることも
場合によってはすべきだと思います。

周りの人たちが声をかけてあげることが必要です。
posted by consul at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

介護保険の申請は早めに

少し前に、介護保険の申請の病院側と行政側の対応の違いについて
書きました。

病院では、早く提出するように言われ、行政では体の状態がはっきり
してからにしてほしいと言われました。

行政側には、介護保険の支払いを抑えたいという意図があります。

急性期病院から回復期リハビリ病院に移って、直に介護保険の申請を
行いました。

退院は3ヶ月後です。

市役所で受理されなかったらどうしようと心配でしたが、無事申請書を
受け取ってもらえました。

介護する側からすると、体の不自由になった人を自宅で介護するためには
介護保険は必須で、少しでも重い認定が取りたいと思います。

介護保険の使える範囲が違いますから。

介護保険の申請は、ゆっくり構えていないで早めにすべきです。
posted by consul at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

報道されるブラック企業は氷山の一角です。

ブラック企業として、報道される企業は、氷山の一角です。

中小企業では、もちろん中小企業ばかりではないかもしれませんが、
ぎょっとすることを耳にします。

新卒ではありませんが、会社の勤務形態が変更になり、3交代制で
深夜の勤務もこなさなければならず、体力的に限界と感じて退職。

ハローワークに通い、熱心に就職活動をしてやっと採用にこぎつけ
勤務を始めて2日で首に。。。

2日目の夜、社長面接と言う名目の飲み会があり、そこで社長に
気に入られなかったというのが原因らしい。

緊張するもの。
気に入られるなんて無理ですよね。

これって会社都合の解雇だと思うとアドバイスしたら、次の就職に
不利になるといけないから、自己都合でいいと言ったとのこと。

“一億総活躍社会”ってなに?
砂をかむような気持で聞いている人は、きっと一杯いるだろうな!

posted by consul at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

2期目の決算準備中

数年前からネットショッピングの仕事もしています。
自分で立ち上げたのではなく、知り合いが始めたのを手伝っています。

一昨年法人にしました。
昨年が初めての企業決算でした。
決算書を作成するのは、私の役目。

多少の知識はありましたが、分からないことが一杯でした。
最寄りの税務署に相談し、何とか作ることができました。

今年は2期目です。

昨年やったことをかなり忘れていて、また税務署に相談に行くことになりそうです。

まだ、計算の途中ですが、問題点、今後改善すべき点が明らかになりつつあります。

なるほど、決算と言うのは、会社を作っているから税務署に報告するためにするの
ではなく、経営改善に役立てるためかと、理解しつつ作業しています。

posted by consul at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

介護保険の申請

介護保険の申請のお手伝いをしました。

家族が介護保険を使うことになるようだが、手続きが面倒ということです。

今入院中で、病院から介護保険を申請しておくように言われたそうです。

「市役所まで出向くのが。。。」と言うことなので、介護保険課に電話し
申請用紙を送ってほしいと頼みました。

書類が来たところで、記入をお手伝い。
もう一度市役所に電話し、郵送で受け付けてくれるかどうか確かめたところ、
「退院の予定は?」と聞かれた。
「まだ決まっていない。」と答えると、
「退院が決まってから申請してほしい。」と言われた。

介護認定の度合いがはっきり定まってから申請してほしいと言うことだ。

今すぐに手続きしてほしいと言う病院の指示と行政の回答には、開きが
ありました。

うっかりすると、振り回されます。

適切に指示されないと、介護される側も介護する側も高齢だと、
手続き一つが大変かもしれません。
posted by consul at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする