2017年06月22日

専業主婦の場合は、iDeCoのメリットは?

専業主婦(会社員や公務員の配偶者)の場合は、昨日のブルグの記事は
関係ないですよね。

iDiCoの掛金は、税金を払う前のお金から出せるからNISAより有利と
いうことですが、これは専業主婦には、関係ないです。

専業主婦でも、iDeCoの運用時や受取時の税制の優遇は受けられます。

それは当然、嬉しい話です。わーい(嬉しい顔)

それ以外のメリットはというと、
目的意識をもって、自分で自分の老後生活に不足するお金を作っていくこと
ができる、と言うことではないでしょうか。

保険商品のように、保険会社にお任せではなく、自分で掛金を運用する
と言うことは、自分で作り出すということです。

お金の運用をすることになりますが、お金の運用とは、お金に働いて
貰うということです。

日本の女性は、世界で一番長生きをします。

iDeCoは、お金に有利に働いてもらう仕組み・制度です。

女性にこそ、ぜひ使ってほしい制度です。
posted by consul at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

老後のお金を貯めるには、iDeCoがいいかNISAがいいか。

老後のお金を貯めるには、iDeCoがいいかNISAがいいか。

これは、iDeCoがいいです。
iDeCo=誰でも入れる確定拠出年金・個人型は、老後のお金を
貯めてもらうために作られた制度です。

iDeCoとNISA(小額投資非課税制度)の違いは、どこのお金を
使うかです。

どこのお金???

iDeCoは、税金を払う前のお金から掛金を払うことができます。
つまり掛金分だけ、税金が安くなります。

NISAは、税金を払った後のお金を使う制度です。

NISAは、老後生活資金をためるというよりは、有利な貯蓄だと思います。
posted by consul at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

iDeCoと保険商品は、使い分けよう。

老後の不足するお金を貯めるには、保険商品がいいと考える人は多いです。

それは、iDeCo=誰でも入れる確定拠出年金・個人型がなかった時の話です。

保険商品は、保障のために加入すると割り切ったほうがいいです。

保障(生命保険や医療保険)は、掛け捨てで必要額だけ加入する。
老後のお金は、iDeCoで貯める。

これが新しいスタイルだと思います。

今加入している生命保険を見直してみましょう。
掛け捨ての保険に変更すると、無駄が多いと気が付くはずです。

余裕ができたお金はiDeCoに回す。
将来自分が受け取るお金を自分で作っていきましょう。
posted by consul at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

iDeCoの加入を検討してみよう!

先週は、確定拠出年金・個人型=iDeCOが加入者を伸ばしている事を
お伝えしました。

爆発的に増えているわけではありませんが、じわじわ増えています。

でも、まだまだ馴染みのない人も多い?

しかし、老後の生活に不安を感じている人は多い!

iDeCoは、自分で工夫して、老後生活に不足するお金を作りだす
ことができる仕組みです。

iDeCo=確定拠出年金・個人型のメリットとしては、「税制の優遇がある」
が、まず言われますが、それ以外では
◎計画的に老後生活のお金を貯めることができる。
 ⇒毎月掛金を払うということで。
◎健康状態に関係なく加入できる。
 ⇒保険商品では、加入に際しての診査や健康状態の告知が必要です。
◎掛金を増やしたり減らしたりできる。※
◎掛金の払い込みを一時中止したり、再加入したりできる。※
※は、年1回可能です。
※つまり、ライフステージに合わせて、調節することができると言うことです。

税制の優遇以外の魅力も大きいと思います。
posted by consul at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

確定拠出年金・個人型、2年前の加入者は?

確定拠出年金・個人型(DC個人型)の加入者は、2年前はどれくらいだったか?

個人型年金の加入者等(平成27年6月末現在)
(1)自営業者とその配偶者(国民年金の1号被保険者)      64,724人
(2)企業年金のない企業に勤務する会社員(2号被保険者)   157,616人

合計で222,343人です。 
※この時点では、専業主婦など第3号加入者と2号加入者のうち公務員は、
 個人型には加入できませんでした。

先週お伝えした加入者は、以下の通りです。

(1)第1号加入者(自営業者など)  89,558人
(2)第2号加入者(会社員・公務員) 391,039人
(3)第3号加入者(専業主婦など)   8,411人

合計で489,008人です。

第2号加入者の伸びが大きいです。
posted by consul at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本版ISA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

iDeCo(確定拠出年金・個人型)の加入者が伸びています。

iDeCoの加入者が伸びています。

厚生労働省が発表した4月30日現在の数字では、

(1)第1号加入者(自営業者など)  89,558人
(2)第2号加入者(会社員・公務員) 391,039人
(3)第3号加入者(専業主婦など)   8,411人

合計で489,008人です。

4月の新規加入者は、6万人を超えました!

とはいっても、まだなじみのない方も多いはず。
簡単に言うと、公的年金の上乗せを、自分で作れる仕組みです。

iDeCoって何?と思われる方は、以下をクリックしてください。
国民年金基金連合会⇒http://www.npfa.or.jp/401K/

便利だと思うのは、スマホのアプリです。
「ideco アプリ」で検索し、インストールできます。

posted by consul at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする