2013年03月22日

生命保険に加入する時、遺族年金、傷病手当金、高額療養費を考慮してください。

生命保険に加入する時は、遺族年金、傷病手当金、高額療養費を考慮して
検討しましよう。

遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。

遺族基礎年金は、国民年金と厚生年金(公務員は共済年金)に加入している
人が死亡した場合、18歳未満の子又は18歳未満の子のある妻に支払われます。
㊟厚生年金に加入している人は、国民年金(基礎年金)にも加入しています。

遺族厚生年金は、厚生年金に加入していた人が死亡した場合に、遺族に支払わ
れます。

遺族基礎年金・遺族厚生年金の説明は、日本年金機構のホームページにあります。
遺族基礎年金
遺族厚生年金

傷病手当金は、健康保険に加入している人(会社勤めの人・公務員等)が対象です。
病気・怪我で働けなくなった場合に、休業中の生活保障として賃金(標準報酬日額)
の一部を支給する制度です。休業1日につき、報酬の日割り分の2/3相当額が1年6ヵ月
の範囲で支給されます。

高額療養費は、病気・怪我で入院・手術等して、自己負担額が著しく高額になった場合
に支給されます。医療保険の種類を問いません。
高額療養費

生命保険の加入を検討した際、遺族年金・傷病手当金・高額療養費を考慮しないで
作られた保険設計書を持ってきた人は、信用しないほうがいいでしょう。

posted by consul at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック