2013年04月02日

厚生年金の支給開始年齢が、男性は、この4月から61歳に引き上げられます。

「厚生年金の支給開始年齢が、男性は、この4月から61歳に引き上げられます。」という、
このブルグのタイトルを読んで、『年金の支給開始が61歳から?65歳からではないの?
では61歳から受け取れるの?』
と勘違いする方は、いませんか?

まさかexclamation&questionですが、国に年金制度には、勘違いが結構あります。

上記の勘違いは、国民(基礎)年金だけに加入している人が、勘違いするケースです。

国民(基礎)年金の加入者は、1号被保険者と3号被保険者です。
この人たちの年金の受取開始年齢は、65歳です。

1号被保険者とは、自営業の方たちです。
3号被保険者とは、2号被保険者に扶養されている配偶者です。

2号被保険者とは、会社勤めや公務員の人たちです。

この2号被保険者である人たちのうち会社勤めの人が加入しているのが厚生年金です。

厚生年金は、これまで60歳から受け取ることができました。
といっても、生年月日により、受け取り額が違いましたが。

それが、この4月から61歳からの受け取りに変更されます。
61歳からの支給開始となるのは、男性だけです。
女性は、60歳から受け取れます。

厚生年金の受け取り開始年齢が、男性と女性で違うことについては、明日のブログで。。。

posted by consul at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 国の年金制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック