2013年04月04日

厚生年金の支給開始年齢の引き上げに伴い、希望すれば、年金開始年齢まで会社に勤められます。

この4月から、厚生年金に加入する男の支給開始年齢が60歳から61歳に
引き上げられます。

これにともない、企業・事業主は、男女を問わず希望者全員を61歳まで継続
して雇用することを義務付けられる
ことになります。

会社員である男性の厚生年金の支給開始年齢は、2025年度までに段階的に
65歳に引き上げられます。

60歳で定年を迎えても、厚生年金は61歳にならないと受け取れません。
60歳以降、希望する者全員に対する雇用義務付け制度は、定年後に収入がなくなる
ことを防ぐことなどが狙いです。


厚生年金の支給年齢の引き上げに連動して最終的に65歳まで延長されます。

この措置は、改正高年齢者雇用安定法によるものです。

改正高年齢者雇用安定法は、原則として希望者全員を65歳まで雇用対象とすることを
求めていますが、一方で厚生年金を受給できる年齢以降は、労使協定により継続雇用の
対象者を限定する基準を儲ける仕組みが経過措置として認められています。

posted by consul at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 国の年金制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック