2013年07月08日

退職金だけでは、老後生活資金は足りません。

老後生活、つまりリタイア後の生活資金は、退職金と国の年金だけでは
足りません。

中小企業では、退職金制度がない会社もありますし、退職金制度があっても
退職金額が少ないのが一般的です。

また、個人事業主の場合、国民年金だけではとても老後生活を賄うことは
できません。

この通常国会で可決、成立した厚生年金基金制度の廃止法案では、約700万人
の人たちが、何らかの影響を受けることになります。

国や会社に頼っていれば、何とかなるという時代は、とっくに終わっています。

退職金や国の年金だけでは足りない老後生活資金は、自分で作りましょう。

一気に何とかしようとするのは無理ですので、時間をかけて作っていく計画を
たてみましょう。

余裕資金=老後生活のために積み立てることができるお金をつくるためには、
家計の見直しが、その第一歩です。

私は、実は、家計管理ができない人でした。
なんだかお金が足りない?・・・どしよう!!!
ということで、始めたのは、家計簿をつけることです。
これは、効果がありました。

それから、加入している保険商品の見直しです。
貯蓄機能がある保険は、全部解約。
保障は、安い掛け捨ての保険にしました。

できる範囲で、老後生活資金を積み立てるお金を作ってください。
posted by consul at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職金制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック