2015年06月29日

年金額の正確な把握について

時々、年金の相談と言うか、雑談の相手をすることがある。

そういう場合、往々にして、自分の受け取っている、あるいは受け取ることになる
年金額を少なく言う傾向があると言うことだ。

これしか年金を受け取れず、自分は生活に困っている。。。

先日も、これから年金を受け取る男性から話を聞いた。

「年金額は8万円しかない。。。」

え〜〜〜、ちょっと待ってね。
だって27万円平均の給与を40年近く受け取っていたんでしょ。
厚生年金に入っていて。

厚生年金が満額受け取れるのは、65歳になってからです。
65歳前に受け取れるのは、報酬比例部分だけです。

報酬比例部分が8万円ということだと思います。

といっても、頑迷に思いこんでいる人には、通じない話ですが。。。
posted by consul at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 国の年金制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック