2015年11月16日

良く読まれている記事は・・・「東芝が退職金の一部をDCに。」です。

なぜかは分かりません。

東芝がアクセスを集めているのか?
DCを使った退職金に関心が寄せられているのか?

東芝が退職金の一部をDCにしようと決めたのは、会計の不祥事が
発覚する前だということです。

タイムリーな決定だったと思います。

DC(確定拠出年金=日本版401K)を使って退職金制度を作ると
退職金に対する企業の負担が軽減されるからです。

会社が負担するのは、拠出現価の掛金だからです。

確定給付型では、会社の負担は掛金+運用益です。
一方、確定拠出型では、会社の負担は掛金だけで、運用益は
従業員が責任を持つ制度です。

企業規模が大きければ、それだけメリットがあります。
posted by consul at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック