2015年12月07日

12月は賞与の季節ですが、産前産後の休業中の扱いはどうするのか。

産前産後の休業は、法律で定められたものです。

労働基準法では、6週間以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合は、
その者を働かせてはいけないことになっています。
また、産後8週間を経過していない女性を働かせてはいけません。

賞与を支給する時、産前産後の休業期間は計算に入れるのか?

産前産後の休業は、欠勤しているわけではありませんが、実際に仕事は
していないので、賞与の額の計算から除外してもいいようです。

言葉を変えて言えば、産前産後の休業を取った女性は、当然賞与の支給
対象者ですが、産前産後の休業期間は、賞与の金額の計算から除いても
いいということです。
posted by consul at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430744424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック