2016年02月22日

介護保険の申請は早めに

少し前に、介護保険の申請の病院側と行政側の対応の違いについて
書きました。

病院では、早く提出するように言われ、行政では体の状態がはっきり
してからにしてほしいと言われました。

行政側には、介護保険の支払いを抑えたいという意図があります。

急性期病院から回復期リハビリ病院に移って、直に介護保険の申請を
行いました。

退院は3ヶ月後です。

市役所で受理されなかったらどうしようと心配でしたが、無事申請書を
受け取ってもらえました。

介護する側からすると、体の不自由になった人を自宅で介護するためには
介護保険は必須で、少しでも重い認定が取りたいと思います。

介護保険の使える範囲が違いますから。

介護保険の申請は、ゆっくり構えていないで早めにすべきです。
posted by consul at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック