2016年05月23日

厚生年金基金の解散により被る不利益には、どう対処したらよいか。

厚生年金基金の解散による不利益には、どう対処したらいいか?

加入者、受給者、受給待期者は、どうしたらいいか?

残念ながら方法がないのです。。。

なぜなら、解散が決まるまで、加入者、受給者、受給待期者には
何の連絡もないのですから。

むしろ安心させておいて、突然解散になり、基金から受け取っていた
年金(上乗せ分)が支給されなくなると知らされるのですから。

このやり方は、確かにひどい!

基金の独自給付の部分を年金で受け取ると、月額2万円前後が普通です。
年金収入の2万円は、個人にとっては本当に大きな金額です。

国や厚生労働省は、大した金額ではないと思ったのでしょうか?

posted by consul at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金基金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。