2016年05月30日

厚生年金基金の独自給付が受け取れないのは、法的に問題がないか?

これは、残念ながら問題はないと言うのが答えです。

問題がないから、つまり、積み立て不足で解散となり、基金からの
独自給付が受け取れない状態になっても、国や金融機関、基金には
責任が及ばない。だから事態が深刻になるまで、いや深刻になっても
何もしなかったと言えるでしょう。

無責任でも大丈夫ということです。

事業主には問題がなかったか?
「ある」と私は思います。

基金からの独自給付は、労働条件の一部であったはずですから。

そんなことを言われても、と思う事業主も多いと思いますが、
責任を感じてほしいのは、事業主の皆様です。
posted by consul at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金基金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438393932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック