2016年06月13日

厚生年金基金の後継制度としての個人型DC

厚生年金基金は、今、次々と解散となっているようです。

「なぜ?!」と、割り切らない思いをしている方も
多いと思います。

基金の独自給付である上乗せ給付をどうするか?
後継制度を作る企業もあれば、なんとなくうやむやに
終わってしまう企業もあると思います。

確定拠出年金・個人型=個人型DCはいかがでしょうか。
基金の上乗せ給付に代わるものを個人型DCで作っていく。

確定拠出年金は、加入者が自分で掛金を運用する制度です。

解散した(する)基金の加入者は、国や金融機関、基金事務局の
対応に懲りているはず。
「もう信じられない!」と。

自分で管理・運用する制度として、個人型DCを、ぜひ検討して
見てはいかがでしょうか。
posted by consul at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。