2016年09月05日

解散した厚生年金基金のあとの制度はどうするか。

厚生年金基金が解散した後、厚生年金の上乗せ給付をどうするか?

頭を悩ませている事業主も多いと思います。

金融機関に頼らないことです。

もう十分懲りたと思うのですが。

厚生年金基金の上乗せ給付は、言ってみれば、会社の退職金制度です。
あるいは、退職金の一部だったはずです。

そこをどう作るかは、事業主が考えてみてはいかがでしょうか。

退職金制度はなくして、給与を増やすという考え方もあります。
負債を先送りし、積立額が不安定な制度は、やめたほうがいいのと思うのですが。

posted by consul at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。