2016年11月28日

配偶者控除は、パート年収150万円までに。

パート勤務の配偶者の年収が103万円を超えると、夫に配偶者控除が
適用されなくなる現行の制度は、女性の働く機会を奪っているとの
観点から、夫が配偶者控除を受けられるパートの年収の上限は、
結局150万円になりそうです。

130万円という案もありましたが、確かに、130万円では、
あまり意味がありません。
世帯年収で考えると、130万円を超えると、夫が配偶者控除を
受けられなくなるので、130万円―38万円=92万円になります。
所得税が引かれることを考えると、103万円を超えて130万円まで
頑張って働いた意味がありません。

では、150万円ではどうか?
103万円を超えると所得税が発生し、130万円を超えると社会保険料の
支払いが発生します。

130万円以上150万円までだと、社会保険料が発生しない130万円に
年収を抑えたほうがいいという考え方もあります。

社会保険料を払うということは、将来貰える年金が増えるのですが。。。
posted by consul at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444356263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック