2017年03月06日

株価の高騰により公的年金の運用益が4半期で過去最高に。

つい先日、公的年金の運用益が4半期で過去最高と報道されました。

2016年10月から12月で、10兆4973億円だったそうです。

トランプ米大統領の経済政策への期待から株価が上昇、また円安も
手伝って外貨建て資産の価格上昇などが影響したということです。

公的年金の運用が良かったのは、喜ぶべきですが、何か単純には
歓迎できない気もします。

公的年金の運用は、長期的な観点で見ることが大事なので、
今後の推移を見守りたいです。
posted by consul at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 国の年金制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447622127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック