2017年04月24日

東芝のリストラは必至、退職金の一部はDCでよかった。。。

決算をめぐり、右往左往していた東芝が、やっと決算発表しましたが、
社員の大規模なリストラは、避けられないと言われています。

以前に、このブログで書きましたが、東芝は退職金の一部を
確定拠出年金=DCに移行しています。

社員にとっては、良い措置だったのではないでしょうか。

DCは、企業が掛金を払い、従業員が自分で運用する制度です。

企業は、退職金の支払いが掛金の拠出で終わり、拠出された
掛金は従業員のものなので、会社に何があろうと守られた
お金となります。

自分で運用するのは、手間がかかりますが、会社のお金からは
切り離されています。

企業型DCのメリットの一つです。
posted by consul at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。