2017年08月29日

投資信託について(2)

投資信託には、以下のような特徴があります。

◇小額で投資が可能
  投資家の資金を、まとめて運用するので、小額資金から株式市場への
  投資が可能となります。

◇分散投資ができる
  まとめた資金を複数の銘柄や資産に分散投資するので、リスクを低減
  する効果を期待できます。

◇運用の専門家が運用する
  専門家の高度な知識や運用手法を活用できるので、効率的な運用が
  期待できます。

◇豊富な種類がある
  運用方針や投資対象の異なる多くの商品があり、その中から自分に
  あった商品を選ぶことができます。

◇価格変動する
  投資信託の「基準価格」は、毎日変動します。購入時と売却時の価格
  差で、「値上がり益」または「値下がり損失」が発生します。

◇実績配当
  分配金は予め決められた金額ではなく、運用成果や運用方針に基づい
  て、分配金額が決まります。

投資信託は、少ない金額でいろいろな投資対象に分散投資ができる商品で
す。またDC制度のなかでは、一定の掛金で運用商品を購入していきますの
で、投資タイミングを分散すること(=ドルコスト平均法)になります。
posted by consul at 10:45| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。