2017年03月20日

女性の場合、リタイア後の生活資金、いくら貯めておけばいいか。

公的年金だけでは、老後の生活が成り立たないことは
誰でも知っていることです。

では、どれくらい貯めておけばいいか???

人によって、生活の仕方は違うので、一概に言えませんが、
女性の場合、1,500万円が目安でしょうか。

会社勤めの女性の、年金額は平均で12万円と言われています。
この金額は、40年会社勤めした場合ですから、勤続年数が
短ければ、当然少なくなります。

女性の一人暮らしでは毎月約18万円必要だそうです。

年金額12万円として考えると、月6万円足りない!

65歳から20年間として、最低でも約1,500万円です。

結構重たい数字で、貯めようとする前に挫折しそうですが。

でも、少しづつでも、そのお金を作る努力はしておきましょう。

お薦めは、iDeCo=確定拠出年金・個人型です。
posted by consul at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

保険料、健康な人ほど安く

ある生命保険会社が、健康な人ほど保険料が安くなる
医療保険を開発するという。

異業種と組み、必要なデータを集めていくそうだ。
その過程で、人々に健康に関心を持ってもらうことも狙いだと言う。

一見、良さそうですが。

でも、保険は、健康に不安がある、あるいは将来的に不安がある
場合に加入するものだ。

勧誘に当たっても、将来の不安を掻き立てる。

相いれない気もするのだが。。。

また、健康な人以外は、締め出されそうな感じもする。
そもそも、保険は助け合いから生まれた。
健康な人のための保険?なんなんだろう。

保険会社が儲かる保険ではないかな。。。
健康な人は、保険を使わない⇒保険料は保険会社の儲けだ。
健康でない人の保険料を高くすれば、支払いのリスクへ対応できる。

保険会社が儲かるための保険だと思う。
posted by consul at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

確定申告に代わるもの。

確定申告の季節だけれど、確定申告に代わるものがある?
ご存知ですか?

給与支払報告書(個人別明細書)です。

決算書の提出に、税務署に行き、確定申告を書き間違えたので、
申告書をほしいといったら、この決算の給与だったら、
給与支払報告書(個人別明細書)で足りると教えられました。

所得税がかからないレベルの給与だったので。

法人の市民税の報告書と一緒に、市役所に提出し、それで終わりです。
posted by consul at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

チャイルド・ファースト

子供の貧困は、6人に1人。

子供の貧困ではなく、親の貧困なのだ。
子供を養うに足りる収入を得ることができていないからだ。

期間従業員、派遣社員を作り出したからだ。

そして、生活費が足りないとキャッシング。。。

儲けたのは、人材派遣会社、キャッシング業界、正社員を削った企業。

子供貧困対策税という税金を作って、これらの会社からお金を取れないのかな。

未来を奪っているわけだから。

posted by consul at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

iDeCoについて

iDeCoとは、 individual-type Defined Contribution pension plan
の単語の一部から構成されています。

確定拠出年金・個人型の愛称です。

この1月から、誰でも入れるようになりました。
誰でもと言っても、年齢制限があります。

20歳以上60歳未満なら、誰でも利用することができます。

いつも利用している金融機関に簡単なパンフレットが置いてあったり、
購読しているメールマガジンで、解説が乗っていたりと、目につくように
なっています。

定期的にセミナーを行っている金融機関や窓口で相談に乗ってくれる
金融機関もあります。

iDeCoは、税制のメリットを使い、自分で作る退職金です。
金融機関に行ったとき、ちょっと時間があったら、行員さんに声をかけてみては
どうでしょうか。
posted by consul at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

有給休暇を勤務初日から取得できるようになる?

政府の規制改革推進会議が、有給休暇制度の改善を提言した。

現行の制度は、入社半年たたないと、有給休暇が与えられえない。
それを、入社1日目から与えるという内容だ。

今の制度では、入社後7カ月目で10日間の有給休暇が与えられるように
労働基準法で定められている。

入社直後は有休が取れない企業が多い。

これでは転職しにくいというのだ。
確かに、平日行われる転職の面接には行けない。

提言では勤務初日から、有休1日を与え、その後1カ月ごとに1日ずつ付与する
仕組みに帰るように言っている。

また、有休日数が年20日間与えられるまでの期間を、現在の「6年半」から
「1年半」に短縮することも要請している。

改革されると、転職だけではなく、子育てにもありがたい制度だ。
小さな子供を抱えて、就職したけれど、子供が病気でも有給休暇がないと
いうのは、辛いことだから。
posted by consul at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

国民年金保険料がクレジットカードで支払えるようになります。

国民年金保険料がクレジットカードで支払えるようになります。

ただし、2年分前納する場合です。

この4月から可能になります。

2年分の前納には、クレジットカード以外に現金でもいいそうです。

毎月払う場合に比べて、2年で、約1万5000円割り引くということです。

でも、手続きがちょっと面倒です。
年金事務所での申し込みが必要で、今月20日から受付が始まっています。

年金事務所、混んでいるからね。。。
posted by consul at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

金銭感覚の緩い自治体

お金に関する感覚が緩いというか、いい加減な地方自治体ってあるんですね。

昨年来ニュースになっていますが、福島の原発事故で関東のある都市に
避難してきた小学5年生の児童がいじめにあい、自殺まで考えたという
ことが報じられました。

その児童は、学校で、いじめにあい、150万円脅し取られました。

そのいじめを検証すると称していた第3者委員会は、いじめがあったことは
認めましたが、脅し取られた150万円は、奢ったのだと言うのです。

小学5年生で150万円を奢る!
ありえないですよね!!!

15万円でも多いし、1万5千円でも多いです。
1,500円でも、親は、どうして!と思いますよね。
150円でも、え!です。

この自治体は、職員が業者から150万円の接待を受けていても、問題に
しないんでしょうね。

出入金の差額が、いつも150万円くらい合わなくてもかまわないという
金銭感覚だと思います。

小学5年生の子供が150万円、学校の知り合いに奢る!
ありえないです。
posted by consul at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

iDeCo(確定拠出年金・個人型)が始まっています。

iDeCo(確定拠出年金・個人型)に、この1月から誰でも加入できるように
なりました。

これまでは、専業主婦や公務員、企業年金※に加入している人は
入れなかったのですが、その垣根が取り払われました。
※企業年金=確定給付企業年金、確定拠出年金、厚生年金基金

ところで、iDeCoって何?
これは、老後のためにきる
の太字の部分、いでこ=iDeCoと言うことだそうです。

iDeCoで、公的年金だけでは不足する老後生活資金を自分で作り出すことができます。

厚生労働省のホームページで、内容や仕組みについて、分かりやすく簡単に
開設されたパンフレットが掲載されています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/kyoshutsu/ideco.html

とりあえず、クリックして見てください。
posted by consul at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

2017年度の年金額は、3年ぶりに減少へ。

2017年に支給される年金額が、引き下げられるようです。

年金額が引き下げになるのは、3年ぶりです。
前回の引き下げは、2014年度でした。

消費者物価指数(CPI)が今年1月から10月の平均で、
約0.2%程度マイナスになっているためだそうです。

厚生労働省は、11月と12月の消費者物価指数(CPI)を
みて、来年1月下旬に決めるそうです。

改定された年金額は来年4月分の年金額に反映されます。
支給されるのは6月となります。

年金額の変動要因には、もう一つマクロ経済スライドがあります。
マクロ経済スライドは、少子高齢化に応じ、年金額の伸びを自動的に
抑制する仕組みですが、物価上昇が前提となっているため、今回は
適用されません。
posted by consul at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする