2016年10月03日

葬式のお値段

今は家族葬などもだいぶ受け入れられている。
しかし、一般葬で、という人もまだまだ多い。

生前、故人が家族葬を望んでいても、家族が一般葬を希望することもある。

一般葬の金額は、結構高い。

49日(納骨)、1周忌、3回忌と続くと、予定していた金額をはるかに超えて
しまうことになる場合が多い。

家族葬を希望する場合は、生前にきちんと決めておいたほうがいい。
文章で残しておくことが望ましいと思う。

残された家族に負担をかけないために。。。
posted by consul at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

お寺に戒名の金額を交渉する。

先日、墓じまいの記事をネットで読んだ。

簡単にできると思っていたが、どうもそうではないらしい。

もう数年も前のことだが、知り合いから戒名の値段を
お寺と交渉して値下げしてもらったということを聞いた。

長い付き合いのあるお寺で、関係も良好だった。

10年近く寝たきりだった夫を亡くした後のことだ。
事情を話し、戒名を変更することなく、了承してもらったそうだ。

墓じまいもそうらしいが、あくまでもお寺さんとの良好な関係が
前提になるということです。
posted by consul at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

事業資金を借りるとき、どこに相談したらいいか。

経験がないと、本当にわからないですよね。

まずは、地元の商工会議所、商工会に相談しましょう。

金融機関の融資を受ける場合は、地元の信用金庫などがいいようです。

会社を作る場合は、地元の信用金庫などにも口座を作ることです。
そして、取引の実績を作っておきましょう。

つい、大手銀行や郵便局で作ってしまいがちですが、それはそれで
いいかもしれませんが、信用金庫にも忘れずに口座を開設して
おくのがおすすめです。
posted by consul at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

事業資金を金融機関から借りる。融資の目安は?

何らかの事業をしていれば、運転資金に窮することがある。

その場合は、国民政策金融公庫から融資を受けるのが、
金利が一番安くて有利だ。

いくらくらい借りられるか?

大体の目安は、直近3ヵ月の売り上げの3倍、だそうです。

あくまでも目安。

まずは、融資担当の窓口で相談してみましょう。
posted by consul at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

解散した厚生年金基金のあとの制度はどうするか。

厚生年金基金が解散した後、厚生年金の上乗せ給付をどうするか?

頭を悩ませている事業主も多いと思います。

金融機関に頼らないことです。

もう十分懲りたと思うのですが。

厚生年金基金の上乗せ給付は、言ってみれば、会社の退職金制度です。
あるいは、退職金の一部だったはずです。

そこをどう作るかは、事業主が考えてみてはいかがでしょうか。

退職金制度はなくして、給与を増やすという考え方もあります。
負債を先送りし、積立額が不安定な制度は、やめたほうがいいのと思うのですが。

posted by consul at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

ウイルスチェックソフトの自動更新

パソコンのウイルスチェックソフトの自動更新をすっかり忘れていた。

というか、3年の前のことなので。。。

パソコンを新しくしたとき、別のソフトを使うようにしていた。

そこで、以前のソフトは、更新日が来たら、そのまま終わると思っていた。

ところが、そうではなかった!

自動更新になっていたようだ。
え〜〜〜。

クレジットカードの支払い明細が来て、始めた判明した。

慌てていろいろ調べてみたら、私と同じような人が結構いるらしい。

早速解約の手続きをしたが、更新した分は戻らないと言う。
だまされた気分です。

「自動更新になります。更新しない場合の手続きはこちら。」のような
メールは、一切来ていないのですから。

民法第1条2項のいわゆる「信義則」は、どうなっているんだろう。

本日、交渉したら、引き落としになる更新の金額が戻ると言うことです。
posted by consul at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

観光産業について

訪日外国人が増えている。

2016年上半期は、1,171万4千人

上半期の累計は前年同期比 28.2%増えている。 1,171 万 4 千人と、
初めて半年で 1,000 万人を超え、過去 最高となったそうです。
(これまでの過去最高は 2015 年上半期の訪日外客数 914 万人)

一方、賃金労働者の4割が非正規雇用と言われている。

何が言いたいのかというと、老後生活資金の問題だ。
非正規雇用では、当然将来受け取る公的年金は少ないし、自助努力で
不足分を準備するのは、かなり大変だ。

65歳から悠々自適というのは、考えられないということになる。

不足する生活費は、働いて稼ぐしかない。
そう、観光産業はどうだろうか。

もちろん、健康であることが前提だけれども、年齢に関係なく働く場を
観光産業が提供できないだろうか。
posted by consul at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

株式の売買単位が100株に。。。

今年の10月から、東京証券取引所に上場している8割の企業の
株式の売買単位が100株になるそうです。

あ〜〜よかった。

そう思っている方は多いはず。

買いたいと思っていてもとても手がでない!
もちろん、プチ株、ミニ株もありますが。。。

東京証券取引所では、売買単位が1,000株と100株があると
間違えやすいと言うことで、100株に統一することを
目指しているそうです。

本当に間違えそうです。
気を付けたいと思います。
posted by consul at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

生命保険の証券は、大切に保管しよう!

加入している生命保険の証券に無頓着な人が多い。

加入したときに保険会社から送られてくるが、ちょっと厚手の紙で
A4サイズの三つ折りになっている。

封筒に入ったまま、どこかにしまい忘れてしまうことが多い。

毎年必要な書類と言うことでもないし。。。
引っ越しなどすると、さてどこにしまい込んだか分らないと言うことになる。

保険証券の再発行は、保険会社に頼めばやってもらえるし、保険事由が
発生した時の手続きも、証券がなくても可能だけれど、ちょっと面倒な
手続きが必要になる。
 ※印鑑証明、戸籍謄本など。

離婚などして、関係がこじれていると、面倒です。

毎月の保険料は、1万円とか2万円とかでも、受け取るときは数千万円です。

生命保険は、買い物としては、家に次ぐ財産です。

保険証券は、しっかり管理しておきましょう。
posted by consul at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

夫婦喧嘩は、言葉に気を付けて行うべし!

夫婦喧嘩は、子供を傷つけます。

お互いに発した言葉によっては、子供が大変な目にあうことに
なります。

「自殺する。」
「子供を殺して自殺する。」

もちろん本気ではなく、相手に対するいやがらせ。
夫、あるいは妻の両親へ甘え、いやがらせ。

その言葉を聞いた友人、両親、親戚が警察へ通報。
警察は最悪の事態を想定し、子供を保護。
場合によっては、児童相談所への一時保護となってしまいます。

両親が、ここで、とんでもないことをしてしまったと取り乱すと
児童相談所の一時保護期間が長引いてしまいます。

冷静に対処、反省の態度を謙虚に示すと、2日くらいで子供を
取り戻すことができます。

相手に責任を擦り付け、さらに喧嘩して取り乱すと、子供を
取り戻すのに、時間が掛かります。

夫婦喧嘩はしないに越したことはありません。
やむを得ない場合は、子供の見ている前ではしないこと。
そのうえで、言葉には気を付けたほうがいいです。
posted by consul at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする