2017年09月15日

投資信託の価格が変動する要因には何があるでしょうかA

投資信託の価格が変動するのは、株式、債券の価格が変動すること
によるものです。では、株式と債券の価格が変動する主な要因には
何があるでしょうか?

◆株式の価格が変動する要因
 ・企業の業績・・・株式を発行している企業が儲かっていると予想さ
           れると、株価は高くなります。
 ・金利・・・・・・・・金利が低下すると一般的には株価は上がり、金利
           が上がると株価は下がります。
 ・為替・・・・・・・・為替は、企業の業績や金利に影響します。
           例えば、円安になると輸出産業は利益を増やし、
           円高になると経営が厳しくなります。
 ・外国の市場・・・いろいろな国の株式市場の動きがお互いに影響
           しあうことがよくあります。

◆債券の価格が変動する要因
 ・金利・・・・・・・・金利が上昇すると債券価格は低下し、金利が低下
           すると、債券価格は上昇します。
           金利は、景気の動向や経済政策になどによって変
           わります。
 ・信用力・・・・・・債券を発行している国や企業の信用力も債券価格に
           影響します。信用力の高い国や企業ほど、その債券
           価格は高くなります。
posted by consul at 11:11| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

投資信託の価格が変動する要因には何があるでしょうか@

投資信託は、国内や外国の株式や債券に投資しています。
国内、外国の株式や債券の価格が変動することによって、投資信託
の価格も変動します。
では、株式や債券の価格は、どうのような要因によって変動するので
しょうか?
変動の要因としては、次にあげるものなどがあります。

 ・景気
 ・政治
 ・経済
 ・金融市場の動向       
 ・物価               
 ・為替                            
 ・海外金利
 ・戦争・紛争
 ・天候の変化、災害
 ・企業の業績

以上が、株式や債券の価格に影響をを与え、投資信託の価格が変動します。 

この外、個人投資家や外国人投資家、機関投資家の動向も株式、債券
の価格変動要因です。また市場(マーケット)のテーマの要因も大きいで
す。例えば、東京オリンピックを控えて、関連する銘柄が上昇するといった
こともあります。
posted by consul at 10:46| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

インデックス(指標)の種類A

国内債券、外国株式、外国債券の運用のベンチマーク(基準)として
使われる代表的なインデックス(指標)には、次のものがあります。

◆NOMURA-BPI
  日本の債券市場の動きを表すものとして、使用されています。
  このインデックス(指標)は、野村総合研究所が開発、公募利付
  と呼ばれる債券の流通市場の動向を現しています。1983年12月
  末日を基準日として「100」からスタートしています。

◆MSCI-KOKUSAI
  世界の株式市場全体の動きを見ようとするインデックス(指標)で、
  日本を除く世界主要国の株式市場を対象としています。モルガン・
  スタンレー・キャピタル・インターナショナル社(MSCI)が開発したの
  ので、1969年12月末日を基準日として「100」からスタートしまし
  た。また、対象に日本を含む指数もあります。
  
◆シティグループ世界国際インデックス
  世界の債券市場の動きを見ようとするインデックス(指標)です。主
  要国の国際の総合投資利回りを指数化したもので、シティグループ・
  グローバル・マーケッツ・インクが開発したもので、1984年12月末日
  を基準日として「100」からスタートしています。対象には日本の
  債券を含むものと含まないものがあります。指数は円建てのものと
  現地通貨建てのものがあります。
posted by consul at 11:43| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

インデックス(指標)の種類@

ベンチマークとして利用されるインデックス(指標)には、どのような
ものがあるのでしょうか?
資産ごとの代表的なインデックスとしては、
・国内株式:TOPIX(東証株価指数)、日経平均株価
・国内債券:NOMURA-BPI
・外国株式:MSCI-KOKUSAI
・外国債券:シティグループ世界国際インデックス
があります。

例えば、国内株式をアクティブ運用するファンドのベンチマーク(基準)
には、上記インデックスのうち、TOPIXか日経平均株価が使われます。

◆東証株価指数(TOPIX)
  日本の株式市場の動きを表す代表的なインデックス(指標)です。こ
  のインデックス(指標)は、東京証券取引所の市場第1部に上場され
  ている銘柄全体の時価総額を指数化したものです。1968年1月4日
  を基準日として、「100」からスタートしています。東京証券取引所が
  公表しています。

◆日経平均株価
  このインデックス(指標)は、東京証券取引所に上場されている銘柄
  のうち、業種のバランスを考えて、売買が活発な市場流動性が高い
  225銘柄の株価をもとに計算しています。よって相場動向に敏感なイ
  ンデックス(指数)です。毎年定期的に構成銘柄は見直されます。
  日本経済新聞社が1970年から提供しています。
posted by consul at 11:19| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

ファンドのインデックス運用とアクティブ運用

ファンドの運用には、二つの手法があります。
@インデックス運用(パッシブ運用とも言います。)
Aアクティブ運用

@インデックス(パッシブ)運用
    運用の目的:運用成果がベンチマーク※に連動
    運用の評価:運用成果とベンチマークの動きがどれだけ連動して
          いるかで評価
    手 数 料:アクティブ運用より低い水準で設定される

Aアクティブ運用
    運用の目的:運用成果がベンチマークを上回る。
    運用の評価:運用成果がベンチマークに対してどれだけ上回って
          いるか、運用成果がどれだけ安定的に推移している
          かで評価
    手 数 料:インデックス運用より高い水準で設定される
          
   ※ベンチマークとは、ファンド(投資信託)の運用成果をみる場合
    の基準となる指標(インデックス)。
    代表的なものに、東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価があり
    ます。

また、アクティブ型株式投資信託の運用のスタイルとしては、グロース
(成長)型投資とバリュー(割安)型投資があります。

・グロース(成長)型投資:企業の成長率などに注目して、成長性のある
             銘柄を選んで投資を行う運用スタイル
・バリュー(割安)型投資:株価が企業の利益・配当・資産などから見て、
             株価が割安だと判断される銘柄を選んで、投資
             投資を行う運用スタイル
posted by consul at 10:55| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする