2017年07月27日

iDeCoの柔軟性について

iDeCoの柔軟性については、以前も書きました。

掛金の増額、減額、停止、再加入ができるということです。

その時の状況に応じて柔軟に使うことができるとのがiDeCoです。

預貯金や生命保険では、解約したりして使ってしまうという
こともありますが、iDeCoは60歳まで引き出すことができない
お金です。

退職金代わり、退職金の上乗せ、老後生活資金として、
しっかり守られたお金なのです。

つまり、続けていこうと思わせる制度です。

上手く付き合っていくことをお薦めします。
posted by consul at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

iDeCoは、自分のお金が見える制度です。

iDeCoは、自分のお金がいつでも見える制度です。

つまり、自分が使っている金融機関の個人別口座にアクセスすれば
いつでも、貯まっている金額を確認できます。

自分で管理している老後生活資金・退職金ですから。

会社の退職金制度では、自分の今の退職金額がいくらか知りたい
と思っても、会社に聞きづらいですよね。

就業規則や退職金規程から計算すればいいのですが、それらが
必ずしも従業員に配布されているわけではないので。

iDeCoや、退職金制度に確定拠出年金を使っている場合は
いつでも、自分の金額を確認できます。
posted by consul at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

iDeCoは、自分で掛金の運用ができる。

自分で掛金・積立金の運用ができる、はiDeCoの大きな
メリットです。

確定拠出年金制度が始まったころは、運用は日本人には
馴染みがなく向かないといったことが、結構言われました。

まさか、もう言う人はいないですよね。

税制適格退職年金、厚生年金基金は、運用の専門家が扱っていて
失敗した制度です。

人に任せてお金を減らされるよりは、自分でやったほうがいい、
ということです。

専門家だって失敗するのに。。。
いいえ、専門家だからこそ失敗したと言うべきかもしれません。

自分のお金は自分で増やす・管理するということです。
他人に任せて減らされるのは、もうやめにしましょう。
posted by consul at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

iDeCoのメリットは、節税効果だけではない!

iDeCo=確定拠出年金・個人型のメリットとしては、
節税効果がよく言われる。

でもそれだけではない。

節税効果を強調すると、節税効果が少ない場合は、
加入しないほうがいいということ仁る。

そんなことはありません!

では、iDeCoに加入するメリットとは、何だろう?

まず、掛金の運用を自分でできることだと思う。
え!これはデメリットではないの?

いいえ、大きなメリットです。
⇒続く
posted by consul at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

専業主婦は、夫婦の生命保険に見直しで、iDeCoの掛金を作ろう!

今週は、専業主婦は、夫婦の生命保険の見直しでiDeCoの掛金を作る
ことをお伝えしてきました。

夫婦のというより、夫が利用できる制度を使っての生命保険の
見直しですが。。。

保険は夫婦共に、掛け捨ての保険料の安い保険に変更しましょう。

家計の負担は違ってくるはずです。

さて、最後に、保険を見直す、今加入している保険を解約するとなると
すんなりいかない場合があるかもしれません。

生命保険の加入は、何らかのしがらみがある場合が往々にしてあるからです。

でも、思い切ってやりましょう。

そのしがらみは、あなたの老後生活に役に立たないはずですから。
posted by consul at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする