2017年09月01日

投資信託について(5)

DC制度の中で使われている投資信託にはどうのような種類があるので
しょうか?一般的な投資信託の分類は次のようになっています。

○国内株式型
  国内株式を中心に運用

○国内債券型
  国内債券を中心に運用   

○外国株式型
  外国株式を中心に運用 

○外国債券型
  外国債券を中心に運用 

○バランス型
  国内や外国の株式・債券で運用 

バランス型の投資信託には、国内や外国の株式・債券が入っています。
このことから、バランス型投資信託は、幕の内弁当(いろいろなおかずが入っている)
と言われています。

posted by consul at 18:10| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

投資信託について(4)

投資信託の手数料、費用
 ・申込手数料(購入時):投資信託の販売会社に払う手数料
                DC制度専用投資信託では、ほとんどの商品に 
                販売手数料はありません。
 ・信託 報酬(保有期間):販売会社、委託会社、信託銀行の保有期間中の業務
                に対して払う手数料
                純資産総額に対する所定の料率が差し引かれます。
 ・信託財産留保額※  :投資信託を売却するために発生するコスト(換金等)
                を、売却する人に負担してもらうための費用。
                徴収された信託財産留保額は、信託財産内に留保され
                ます。売却しない他の投資家との公平性を保つための
                ものです。
                基準価格に対する一定率分等が差し引かれます。
              ※信託財産留保金とも言います。売買時のみ、あるいは購
                入時のみ、または購入時・売却時とも、など商品ごとに
                異なります。商品によっては、ないものもあります。

○投資信託会社が破綻したとき
  投資信託の資産は、投資信託を受託している信託銀行で、信託銀行の
  お金と分けて、分別管理されています。よって、信託銀行が破綻しても、
  投資信託委託会社が破綻しても、顧客資産は保全されます。
posted by consul at 14:02| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

投資信託について(3)

◇投資信託の基準価格
  投資信託を購入・売却する時の基準となる価格で、1口当たりの価格
  をいいます。投資信託の価格は日々変動しています。

◇投資信託の売却損益
  【例】
      購 入         売却@         売却A
       ▼            ▼            ▼
    基準価格1万円   基準価格8千円    基準価格1万2千円

     @で売却した人は、2千円の損失
    
     Aで売却した人は、2千円の利益
ということになります。
posted by consul at 09:43| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

投資信託について(2)

投資信託には、以下のような特徴があります。

◇小額で投資が可能
  投資家の資金を、まとめて運用するので、小額資金から株式市場への
  投資が可能となります。

◇分散投資ができる
  まとめた資金を複数の銘柄や資産に分散投資するので、リスクを低減
  する効果を期待できます。

◇運用の専門家が運用する
  専門家の高度な知識や運用手法を活用できるので、効率的な運用が
  期待できます。

◇豊富な種類がある
  運用方針や投資対象の異なる多くの商品があり、その中から自分に
  あった商品を選ぶことができます。

◇価格変動する
  投資信託の「基準価格」は、毎日変動します。購入時と売却時の価格
  差で、「値上がり益」または「値下がり損失」が発生します。

◇実績配当
  分配金は予め決められた金額ではなく、運用成果や運用方針に基づい
  て、分配金額が決まります。

投資信託は、少ない金額でいろいろな投資対象に分散投資ができる商品で
す。またDC制度のなかでは、一定の掛金で運用商品を購入していきますの
で、投資タイミングを分散すること(=ドルコスト平均法)になります。
posted by consul at 10:45| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

投資信託について(1)

リスクとリターンの説明が、まだ途中なのですが、
ちょっと戻って、投資信託について説明していきたいと
思います。

投資信託の仕組み
DC制度で、掛金を運用する商品として、投資信託があります。
投資信託は、多くの投資家から集めたお金(資金)を1つにまとめて株式や
債券等複数の資産や銘柄に分散投資しながら運用する商品です。

◎運用成果は、投資家に還元されます。
△元本や配当金は保証されていません。
○信託銀行は、投資家から集めたお金(資産)を信託財産ととして分別
 管理し、投資信託委託会社の指図に従って運用します。     
posted by consul at 13:43| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする