2016年11月28日

配偶者控除は、パート年収150万円までに。

パート勤務の配偶者の年収が103万円を超えると、夫に配偶者控除が
適用されなくなる現行の制度は、女性の働く機会を奪っているとの
観点から、夫が配偶者控除を受けられるパートの年収の上限は、
結局150万円になりそうです。

130万円という案もありましたが、確かに、130万円では、
あまり意味がありません。
世帯年収で考えると、130万円を超えると、夫が配偶者控除を
受けられなくなるので、130万円―38万円=92万円になります。
所得税が引かれることを考えると、103万円を超えて130万円まで
頑張って働いた意味がありません。

では、150万円ではどうか?
103万円を超えると所得税が発生し、130万円を超えると社会保険料の
支払いが発生します。

130万円以上150万円までだと、社会保険料が発生しない130万円に
年収を抑えたほうがいいという考え方もあります。

社会保険料を払うということは、将来貰える年金が増えるのですが。。。
posted by consul at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

配偶者控除の見直し案

2017年度の税制改正で配偶者控除の見直しが議論されています。

まず、配偶者控除とは何か?

配偶者控除とは、年収103万円以下の妻がいる場合、夫の年収から
38万円を引いて税負担を軽くする制度です。
夫の年収に制限はありません。

この103万円がネックとなり、夫の税負担増加を避けるために、
妻は、年収を103万円以下になるようにしていることが多い?

年収上限引き上げで女性の就労拡大を後押しするという趣旨です?

政府・与党は、控除対象となる現行制度の配偶者の年収上限103万円以下を
130万円か150万円まで引き上げる案で調整したい意向です。

但し、103万円を超えると所得税が発生し、130万円を超えると
社会保険料を払うことになります。

130万円の場合は、夫の年収が1320万円(仕事の必要経費とみなされる額を
差し引いた「所得」では1100万円)、150万円の場合は、夫の年収は1120万円
(同じく900万円)を超える場合は、配偶者控除の対象外とするということです。

与党税制調査会はこの2案を軸に検討が行われています。
posted by consul at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

パート減税の見直し

何度も報じられていますが、パート減税の見直し案を財務省が
検討しているそうです。

「パート減税」は、パートタイマーで働く女性たちの社会進出と
収入アップにつながるのか。税金は増えないのか。

この手の記事を読んでいて、なんかすっきりしないと思うのは
私だけでしょうか。

103万円の壁と言われていますが、これは、1年間パートで働いて
給与収入が103万円以下なら所得税は掛からないということです。

給与所得の控除が65万円=つまり給与所得が65万円までなら
課税されません。

それにプラスして、所得に対する基礎控除が38万円あるので、
給与所得者の場合、65万円+38万円=103万円までなら、所得税は
取られないということです。

そんなことは知っている。
ですよね。

でも、私は、最初何のことかわからなくて。。。
posted by consul at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

老齢基礎年金の受給資格が25年から10年に。

国民年金法等の一部を改正する法律により、老齢基礎年金の「受給資格期間」が
現在の最低「25年」から「10年」へと短縮される予定です。

保険料を納付した期間が25年に満たないため、受給できなかった人が、
年金を貰えるようになります。

5年、10年、15年と払ったのに、25年間払わなかったために、今まで
「払い損」だった人にとっては朗報です。

但し、このための財源は、消費税の引き上げ予定分で賄うことになります。

社会保障と税の一体改革の施策の一つです。

消費税の引き上げは、ないほうがいいですが、でも社会保障制度の
改革というか改善は必要。。。

消費税の引き上げ時期がはっきりしないまま、制度改正が独り歩き?
の感があります。

そもそも、消費税の引き上げ分が、社会保障制度の充実に充てられると
信じている人は、少ないかもと思います。
posted by consul at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

下のお名前を教えてください。

先日、ある生命保険会社に電話した時のことだ。
名乗ったら、「下の名前も教えてください。」と言われた。

「なぜ?」と聞いたら、
「折り返し電話したとき、フルネームを聞いておいたほうが
間違いがないから。」ということだった。

でも、ちょっとおかしい?
そう思いませんか。

山田だったら、かなり広い範囲の人が対象だ。
山田太郎だと、少し範囲が絞られる。

会社側の手間を省くために、情報をよこせと言っているのと同じだ。

「下の名前を」と言われ、断る人もいるそうだ。
当たり前だと思う。

最初から下の名前を聞くのはおかしい。

折り返しの電話をかける必要がある場合に、
「〇〇様で大丈夫でしょうか。
下のお名前を伺っておかなくても、通じますか?」
と聞いてからなら分る。

電話して、名乗ったら、いきなり
「下の名前」という対応は、どう考えてもおかしい。

逆に、この保険会社はリスク管理ができているのかと疑いたくなった。
posted by consul at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする