2017年09月25日

iDeCoの掛金の運用・・・リスクとリターンについて@

DC制度の中での掛金の運用先としては、元本確保型の商品とそうではない
投資信託があります。
掛金を元本確保型商品で運用するのと、投資信託で運用することの違いは、
「貯蓄」と「投資」の違いです。

「貯蓄」は、あらかじめ約束された利息が支払われる預貯金等に、お金を預け
ることをいいます。預け先の金融機関が倒産しない限り、元本は保証されます。
「投資」は、利益を得る目的で、株式や債券、投資信託等を購入することをいい
ます。これらの商品は、通常元本の保証はなく、価格が日々変動します。

DCの掛金を投資信託で運用することは、「貯金」ではなく「投資」です。
「投資」には、「リスク」があります。
「投資」の中でいう「リスク」は、普通思い浮かべる「危険」という意味ではあり
ません。「不確実性」を意味します。
例えば、通常50個のりんごが収穫される木があったとします。それがある年は
りんごが55個とれ、別の年は45個しかとれない場合、50個に対するプラス
マイナス5個の「ブレ」(=変動)、つまり「不確実性」が「リスク」ということです。

「リターン」とは、期待できる運用の成果のことです。リターンにはプラス
のリターンとマイナスのリターンがあります。通常50個のりんごの収穫が期待
される木から、52個、53個りんごが取れると、プラスの成果があったことに
なりますが、逆に48個、47個だとマイナスの成果ということになります。
posted by consul at 17:52| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

iDeCoでの掛金の運用・・・「投資」と「投機」

iDeCo制度では、掛金は自分で運用します。

掛金の運用については、「そんな危ないこと」といったご意見を、お持ち
の方も多いと思います。
「掛金を運用」するための商品としては、リスクのほとんどない商品(預
貯金など)とリスクのある商品(投資信託)があります。

例えば、主に日本の自動車メーカーや電気機械メーカーの株式で運用し
ている投資信託があるとします。
この投資信託を「掛金の運用先」に選んだ場合は、上記メーカーに間接
的に投資していることになります。自動車メーカーや電機メーカーが作り
出す経済的な価値にお金を「投資」し、リターンを得るのを期待している
ことになります。

一方、投機とは、サイコロの目を当てるような、他人との見通しの違いに
賭けることです。

「投資」つまり「掛金の運用先に投資信託を選ぶこと」は、「投機」のような
ゼロサムゲームをするということではありません。
posted by consul at 13:05| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

確定拠出年金・個人型の加入者(7月31日現在)は。

◆個人型年金の加入者等

(1)第1号加入者   97,558人

(2)第2号加入者   474,682人

(3)第3号加入者  12,174人

(4)合 計  584,414人

この1ヵ月の新規加入者は、34,471人です。

先月 (6月30日現在)

(1)第1号加入者   94,696人

(2)第2号加入者   444,377人

(3)第3号加入者  10,870人

(4)合 計  549,943人

2号加入者の伸びが大きいです。
新規加入者34,471人のうち、2号加入者は31,125人です。

ちなみに、2号加入者474,682人のうち、公務員は92,367人です。
つまり、加入者の4人に1人は、公務員と言うことです。

2号加入者の、この1ヵ月の新規加入者は、31,125人で、このうち公務員の加入者は
8,416人で、やはり、2号保険者の4人に1人が公務員となっています。
posted by consul at 18:05| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

お金を倍にするのに、何年かかるか?「72の法則」

お金を倍にするのは、何年かかるかを計算するのに便利な数字があり
ます。ご存知の方も多いと思います。「72の法則」です。

例えば3%運用の場合、100万円を倍にするのに、72÷3=24で、24年
かかります。同様に、8%では、9年で、1%では72年です。
覚えておくと便利です。

かっての郵便貯金のように8%の利回りの預貯金は、日本国内のもので
は、今はありません。
DC制度の中の運用商品で元本確保型にも、もちろん8%等ありません。
投資信託で、運用利回りが8%ということは、それにみあうリスクもある
ということになります。
よって、8%の運用利回りの投資信託に100万円投資したからといって、
9年後にぴったり倍の200万円というわけではありませんが、だいたいの
イメージをつかむのには役に立ちます。
posted by consul at 17:08| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

運用の評価は中長期で!

運用の成果を見るには、少なくとも3年以上の中長期でみるように
しましょう。短期間では、その運用の良し悪しは分かりません。
短期間では、偶発的な要素が含まれていることが多いので、中長
期の運用成果をみないと、その運用結果を判断できません。

DC制度における運用は長期運用が基本です。
では、長期運用にはどうのような効果があるのでしょうか?
@長期運用によって、短期的な価格の変動が平均化され、安定した
 運用成果が期待できる。
A複利運用の効果は、運用の期間が長いほど顕著である。
B運用にかかるコストが平準化される。

Aは、100万円を年3%で運用した場合を例にとると、次のようになり
ます。

 年 数   単利(元利合計)  複利(元利合計)   差 額
 10年     130万円       134万円      4万円
 20年     160万円       181万円      21万円
 30年     190万円       243万円      53万円

単利と複利の違いは、単利は元金100万円だけを毎年3%で運用しますが、
複利は100万円と毎年の利息の合計額を、毎年3%で運用します。
posted by consul at 13:13| Comment(0) | 確定拠出年金・個人型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする